HOME>教室・体験・販売>上絵付け教室
上絵付け教室


お知らせ

*定員に空きがありますので、随時入会を受け付けています。ご見学のお問い合わせも歓迎致します。(2021年9月10日現在)
*2021年9月後半の講座は、愛知県下の緊急事態宣言延長が決定された為、9月30日(木)までの期間は10月以降に順延となります。(2021年9月10日現在)
*2021年9月前半の講座は、愛知県下に緊急事態宣言発出が予想される為、9月12日(日)までの期間は10月以降に順延となります。(2021年8月25日現在)
*2021年6月の講座は、愛知県下の緊急事態宣言が解除され、まん延防止等重点措置に移行する為、6月25日(金)より順次開講します。(2021年6月18日現在)
*2021年6月の講座は、愛知県下の緊急事態宣言延長が予想される為、6月20日(日)までの期間は9月以降に順延となります。(2021年5月26日現在)
*2021年5月の講座は、愛知県下に緊急事態宣言発出が予想される為、9月以降に順延振替となります。(2021年4月12日現在)
*2021年4月27日・5月11日の講座は、愛知県下にまん延防止等重点措置発出の為、9月以降に順延振替となります。(2021年4月26日現在)


講座ご案内

名古屋陶磁器会館では、陶磁器への上絵付講座「セラミックアートアカデミー」を行っています。
白素地の皿やカップに好きな絵を描いて、自分だけのオリジナル作品をつくることができます。
講師は現代の名工である佐分利利成先生に20年以上に渡り師事した深川大子先生です。

セラミックアートアカデミーで行っている上絵付けは油溶き技法と呼ばれるもので、洋絵具をテレピン油、バルサム油などで練って筆に付け、器の上に独特なタッチで描いてゆく手法です。
この油溶き技法は、白素地の地色を生かした軽やかで優美な感じになる一方、2度3度と焼成して色を重ねると油絵のような重厚な表現にもなります。


 場  所  名古屋陶磁器会館 1階展示室
 講  師  深川大子(20年以上に渡り佐分利利成氏に師事)
 対  象  初めての方〜
 募集人員  8名
 講座時間  10時〜15時(12時〜13時はお昼休憩)
 講座日程  *講座案内・申込書にてご確認ください。
 2021年11月〜2022年1月の講座案内(PDF形式、2021年9月更新)
 2021年11月〜2022年1月の講座申込書(PDF形式、2021年9月更新)
 2021年6月〜10月の講座案内(PDF形式、2021年9月更新)
 2021年6月〜10月の講座申込書(PDF形式、2021年9月更新)
 2020年11月〜2021年4月の講座案内(PDF形式、2021年3月更新)
 2020年6月〜10月の講座案内(PDF形式、2020年6月更新)
 2020年1〜3月の講座案内(PDF形式、2019年11月更新)
 2019年9〜12月の講座案内(PDF形式、2019年6月更新)
 2019年4〜7月の講座案内(※終了)
 平成31年1〜3月の講座案内(※終了)
 平成30年9〜12月の講座案内(※終了)
 平成30年4〜7月の講座案内(※終了)
 平成30年1〜3月の講座案内(※終了)
 平成29年9月〜12月の講座案内(※終了)
 受 講 料  *講座案内・申込書にてご確認ください。
 
 
 ▲深川大子先生参考作品「花瓶」
 
 ▲深川大子先生参考作品「碗皿」


申し込み・問い合わせは、一般財団法人名古屋陶磁器会館
名古屋市東区徳川一丁目10番3号 電話052-935-7841 FAX052-935-9592
e-mail: kaikan@nagoya-toujikikaikan.org